【シロクロ】ミスパンダ役の清野菜名(川田レン)のアクションはガチすぎ!バク転も話題に!

1月12日(日)夜10時30分から日テレ系列で放送開始の「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」通称「シロクロ」

この枠は前回「あなたの番です」その前は「3年A組」が放送された時間帯で、日テレが力を入れている枠でもあります。

そんな「シロクロ」の主役に抜擢されたのが「清野菜名」さんです!清野菜名演じるミスパンダのアクションは必見ですがなぜこんなにアクションができるのでしょうか?

【シロクロ】ミスパンダ役の清野菜名プロフィール

清野菜名プロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

さーんちゃん、撮ってくれてありがとう。 おつかれーらいす #今日から俺は

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

プロフィール
  • 名前:清野菜名(せいのなな)
  • 生年月日:1994年10月14日
  • 出身地:愛知県稲沢市
  • 身長:160cm
  • スリーサイズ:B81W60H81
  • 事務所:ステッカー
  • 出身高校:日本芸術高等学園

清野菜名が芸能界入りしたのは小学6年生の時、雑誌「ピチレモン」のオーディションでグランプリを獲得してから。モデル活動は2011年の高校生の時まで続きます。

その間の中学時代には陸上部だった清野さんは高跳びで全国大会に出場するほどの実力の持ち主で高校進学時にはスポーツ推薦で学校に行くか芸能界を目指すのか迷ったそう。

結果、芸能界への道を選び、日本芸術高等学園に入学。3年間アクション部に所属していたそうです。

ちなみに所属事務所のステッカーは元オセロの松島尚美さんや同じくシロクロに出演している祷キララさんも所属しています。

【シロクロ】ミスパンダ(川田レン)の役どころ

清野菜名さんが演じる川田レンは、「天才美少女騎士」と騒がれていたそうですが10年前のある事件をきっかけにネガティブで弱気な性格に。それ以降勝てなくなったとか。

この「ある事件」がドラマ「シロクロ」のカギを握るのは間違いなさそうです。

しかしそんなネガティブな彼女ですが「ミスパンダ」になると、世の中にはびこるグレーゾーンにシロクロをつけ、そのターゲットを公開処刑していきます。

ただその「ミスパンダ」ももう一人の主人公、横浜流星が演じるメンタリストの森島直輝の催眠によって操られているという背景が。

どんな展開になっていくのか見ものですね!

【シロクロ】ミスパンダ役の清野菜名のアクションはガチ!バク転披露も!

今回清野菜名さんが演じるミスパンダは予告動画にもあるようにガチのアクションを披露します。

先ほども紹介しましたが清野菜名さんは陸上で全国に行ったり、高校ではではアクション部に所属するなど、運動能力とアクションには定評があります。

実は高校2年生の時に1年間、アクション監督の坂口拓さんのもとでボクシングやアクロバット、立ち回りなどの訓練をがっつり受けているのですが、この坂口拓さんがまたすごい人。

山崎賢人さんや吉沢亮さんも出演した映画キングダムの大ボス左慈役として出演し、そこでみせた立ち回りが話題になった方です。

キングダムの動画は見つけることができませんでしたが、この動画を見てもらうとめちゃくちゃ速いのがわかりますよね!?(キングダムは2020年1月8日時点ユーネクストの無料お試しでもらえる600ポイントを利用すれば無料で見ることも可能です→ユーネクスト

この坂口拓さんのもとでアクション俳優としての清野菜名さんが出来上がったといっても過言ではないかもしれません!

また清野菜名さんはSNSでバク転を披露した際にも話題となりました。それがこちら

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

やっぱり体を動かすのは気持ちいい。 おつかれーらいす 本日のやすらぎもみてね。 #ATT

清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿 –

なんと5連続!女性でここまでできるってかなりすごいですよね!

正直日本の女優さんでアクションができる方ってあまり思い浮かびません。

清野菜名さんの代名詞は「アクション俳優」と言ってもよさそうです!!

まとめ

ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」のミスパンダ清野菜名さんにスポットを当ててみました!

今後もドラマ内で派手なアクションを見せてくれるかもしれませんね!楽しみにしておきましょう!