【テセウスの船】第2話ネタバレと感想!真犯人は誰!?とネットでも話題。

1月26日、いよいよテセウスの船の第2話が放送されました。

第1話では主人公の田村心(竹内涼真)が31年目にタイムスリップ。父親である佐野文吾(鈴木亮平)が本当に殺人犯なのかを確かめるために、まずは不可解な事件を未然に防ぐことから始めました。

その結果、心は父親が殺人犯でないことを確信、また父親の佐野文吾には未来からやってきたことを明かしましたね!

第2話ではまた新たな事件が発生していきますが、衝撃な結末が・・・以下第2話のネタバレと感想です!(前回のネタバレ、見逃し配信については以下を参照ください)

テセウスの船【第2話】ネタバレ、

あらすじ(ネタバレあり)

父親の佐野文吾(鈴木亮平)と佐野和子(榮倉奈々)家族のお世話になっている心

「父親の冤罪に追い込んだ真犯人はきっとこの村に潜んでいるはず・・」

と家族の笑顔を守ることを心に誓った。

 

まずは父親の紹介もあり、心は音臼小学校の臨時教員として働くことに。教員の木村さつき先生(麻生裕未)も歓迎している。

「どうやったら未来が見えるんです??」

と心に興味津々のようだ。なぜなら一緒に心が予想した雪崩が起きる現場を見たのだから無理もない。

 

1人になった心はノートを見直すと次に起こる事件は「一人暮らしの田中義男が自宅の火事により死亡する事件」

その次に「三島あかねちゃんが失踪する事件」だ。

まずは父親とともに田中義男さん宅に向かうことに。

そこにいたのは田中義男さんと村の新聞配達員の翼。翼は心をよく思っていないようで、すぐに出て行ってしまった・・。

 

残された田中義男と話す心と父親。田中義男さんは目が見えないらしく、訪れてきてくれた人にはノートに何か書き留めるようお願いしているようだ。

そこで心達がノートを覗くと、書かれていたのはみんなのメッセージ。しかしその中に怪しい絵が。ウサギが黒い線でぐしゃぐしゃにされたもの。そして二人並んだ女の子の片方がまたまた黒い線でぐしゃぐしゃにされたものだった・・。女の子の絵のうえには何か竹トンボのような絵があるが・・。

 

心が学校に戻ると、新聞配達員の翼の姿が。子どもが好きでよく学校にも来て、飴を配ったりしているそうだ。また教員の木村さつき先生の実家の工場のもとで働くパートの佐々木紀子とも結婚が決まっているそう。しかし心には冷たい翼。心も翼を怪しんでいた・・。

 

次の日の朝。心が学校を訪れると、なんとそこには飼育小屋のウサギが死んだ姿が。さつき先生も駆けつける。子供たちも集まってきた。死因は何か毒物のようなものを飲まされたからのようだ・・。

するとそこに翼も現れ、子供たちに飴を配っている。学校ではいつもの光景だが、頭に毒物のことが思い浮かんだ心。それを注意してしまう・・。その結果、翼をしたう子供たちは心を敵対視、さらに翼から「パラコートを盗んだのは心」と聞かされていた子供たちは千夏ちゃんを殺したのは心だとあおり始めてしまった・・。

また警察の金丸(ユースケサンタマリア)も学校へ。心が千夏ちゃん、そしてウサギを殺した犯人だと信じて疑わないようだ・・。

 

今日は田中さん宅で火事が起こる日。心と父親の文吾は見張りに訪れる。息子の正志(せいや)も一緒だ。

すると文吾の娘の鈴ちゃんとあかねちゃんがいなくなったという連絡が。失踪事件は次の日のはず・・。

2人はその場を正志に任せ、鈴ちゃんたちを探しに走った・・。

すると心は翼を見かける。どこか足元がおぼつかない様子・・

「あかねちゃんを探しているんだ・・」

弱弱しい口調で言い残しその場を去っていった・・。

 

そんな時、鈴は見つかったとの連絡が。あかねちゃんは全く見つからない・・。心は村の人、そして警察の金丸にも疑われだした・・。

しかし一晩中探してもあかねちゃんは見つからなかった・・。

 

次の日、田中さん宅で見つけた女の子の絵を眺めていた心。

通りかかった子供にこの竹トンボのようなもの見たことある?とたずねると

「どこかで見たことある・・。風速計?」

心は急いで父親と風速計のある小屋へ向かった・・!

 

小屋のカギをこじ開けると、そこにいたのはあかねちゃん。

しかしもう命は・・・

と思いきや、まだ息がある!

するとそこに現れたのは警察の金丸。部下にあかねちゃんを病院へ運ばせる。

「なんであかねちゃんがここにいるとわかった?」

と心に疑いの目を向けたまま尋ねる。

そんな時だった。警察の無線に連絡が。

神社で男性の遺体を発見。男性の身元は音臼村在住の長谷川翼とみられる」

 

以上第2話ネタバレでした。(一部省いて紹介しています)

ネタバレ内容のまとめと感想

今回のポイントをまとめると

  • 本来起きるはずの田中さん宅の火事が起きなかった。
  • 亡くなるはずのあかねちゃんが生きていた。
  • 心が犯人だと思っていた翼が最後に遺体として見つかった(死因は毒物?)

まさかの翼が死んでしまったことには驚きました。

実は途中で、翼が婚約者の佐々木紀子にある紙袋を持ってくるよう指示していたようなのですが、その中に入っている瓶が青酸カリ?と思われる描写があります。

佐々木紀子が働く工場(さつき先生の実家)には青酸カリも仕事用として備えられており、それを持ってこさせたということです。

青酸カリは児童の21人殺人事件で捕まった父親の自宅から見つかったものなので、心も翼を疑っていたわけです。

最後にどんでん返しがあったので当然ネットでも真犯人について盛り上がっていました。

真犯人は誰?ネットでも盛り上がる

ネットでも真犯人についての考察、また面白かったとの声が多く見つかりました。

もし見ていない人がいれば見逃し配信をチェックしてみてください!