【知らなくていいコト】第3話ネタバレと感想!尾高のキスシーンに反応する女子続出。

1月22日に、知らなくていいことコトの第3話が放送されました。

前回はケイト(吉高由里子)の元彼である尾高(柄本佑)が、過去にケイトの父親が殺人犯と知っていながらもプロポーズしていたことがわかり、尾高のカッコよさが話題となりました。(ケイトはプロポーズを断った)

一方で今彼の野中と尾高の対応の差が浮き彫りになり、ケイトも自分の心を痛めてしまうという話でしたね!

それでは早速第3話のネタバレと感想をまとめていきたいと思います!

知らなくていいコト【第2話】ネタバレと感想!尾高(柄本)がかっこいいと話題に。

【知らなくていいコト】第3話ネタバレ

あらすじ(ネタバレあり)

それはまだ週刊イーストにケイトが入社したばかりの8年前のことだ。

ケイトは尾高についていき、二人で有名芸能人の熱愛スクープを撮影していた。初めてのスリルのある現場。

そこで有名芸能人がキスしているスクープ写真を撮ることに成功した。

それを見ていたケイトは

「なんだかキスをしたくなった・・」

というと、尾高はそんなケイトを

「異常だよ」

とバカにしながらも2人はキスを交わした。そうして2人は付き合い始めたのだ・・。

しかし尾高が殺人犯「乃十阿徹」の出所を写真に収めた頃、尾高は動物カメラマンへと転向した。

当時その理由を知らなかったケイトは動物カメラマンに転向した尾高に魅力を感じず、プロポーズを断り、新入社員の野中へと方向転換した・・・。理由を知ったケイトは後悔した・・・。

 

週刊イーストの職場。そこで野中は尾高に話があると誘った。

「なんで真壁さんと別れたんですか?僕も真壁さんと別れたんです」

そして少し口を濁しながら

「僕は結婚したら子供が欲しいと思う普通の人間です。彼女の父親が乃十阿徹と知って別れました。尾高さんもそうだったんじゃないかあと思って」

少し間をおいて考えた尾高は

「お前・・最低だな」

そう言ってその場を離れた・・。

 

週刊イーストの忘年会も終わり、年明け。ケイトはふと乃十阿徹について調べてみた。するとあるツイートから乃十阿徹の住所が判明。

ケイトはその場所を訪れることに。

そしてとうとう、ケイトは乃十阿徹と対面を果たしてしまった・・。

 

以上第3話のあらすじネタバレでした。

(今回ケイトたちが調査する人気ダンサー「タツミーヌ」の炎上騒ぎの話は省きました。)

【知らなくていいコト】感想。尾高のキスシーンが話題に

今回はケイトと乃十阿徹の直接的な展開はありませんでしたが、総じて尾高のケイトへの気遣いが感じられる回でしたね。

尾高さんはまさに理想的な男で、野中とは対照的ですが、今後もこの対比は注目しながら見れそうです!

ました。た最後は尾高さんが奥さん子供と戯れるシーンもあり切なくなりました。

ネット上はと言うと

尾高さんに心を奪われる女性が多かったです。一部では田中圭を超えたとも。

「知らなくていいコト」は女性が見るとより楽しめるドラマと言えるかもしれませんね!