三山ひろしはけん玉の腕前がすごい!ギネス達成なるか!?【紅白2019】【2018年ギネス達成】

紅白歌合戦2019に出場の演歌歌手、三山ひろしさん。

「ビタミンボイス」とも呼ばれる歌声を持つ三山ひろしさんですが、2019年の出場で5回目の紅白出場と、若手演歌界の中でも期待の星です。

そんな三山ひろしさんはけん玉が特技!紅白では毎年、ギネス記録に挑戦するのが恒例行事になってきています!2019年の紅白でギネス記録を達成することができるのでしょうか!?

三山ひろしさんのけん玉の腕前は?

プロフィール
  • 名前:三山ひろし
  • 生年月日:1980年9月17日
  • 出身:高知県南国市
  • 特技:けん玉、着物の着付け、竹とんぼ製作、裁縫

三山ひろしさんと言えば「けん玉」です。

各テレビ局でも腕前を披露していますが、なんと「4段」の腕前

けん玉の級位、段位はできる技によって10級から6段まで分かれており、その中で「4段」の腕前なのですごいことがわかります。

さらに「けん玉道2級指導員」の資格や公益社団法人日本けん玉協会認定けん玉大使を務めるなど、けん玉会で幅広く活躍されているのですが、2018年1月12日にフジテレビ系列で行われた「TEPPEN2018」では4代目のチャンピオンに輝いています。

ちなみに相手はハリセンボンの箕輪はるかさん、小島よしおさん、鈴木福くんの御三方でした。

2018年の紅白でけん玉ギネス記録達成!

三山ひろしさんと言えば紅白での「けん玉ギネス記録挑戦」が有名。

この企画は「大皿」と呼ばれる技を124人連続で決めるという企画でした。ちなみに「大皿」とはけん玉の横についてる皿に玉を乗せる技です。

しかもそれを三山さんの歌唱中に行うということで、失敗できない緊張感と独特の雰囲気からかなり難しい挑戦でもあります。

2017年にも挑戦しましたが14人目で失敗・・。しかし2018年には見事全員が技に成功しギネス記録を達成しました。

視聴率も2018年の紅白でトップ10入り、歌手別視聴率42.3%をたたき出すなどなど世間の注目度も高かったですね!

さあ2019年はいったいどうなるでしょうか

2019年紅白でのけん玉ギネス挑戦の結果は!?成功なるか!?

2019年の紅白でも三山ひろしさんは「望郷山河 ~第3回 けん玉世界記録への道~」と表し、ギネス記録に挑戦!

今回は去年に引き続き「DJKOOさん」が参戦!さらにけん玉検定3段の腕前を持つNONSTYLEの石田明さんも参戦することに!

今年発売した「望郷山河」を歌いながらの挑戦はいったいどうなるでしょうか!?

更新予定です!

まとめ

2019年のけん玉ギネス記録挑戦も注目されること間違いなし!

三山ひろしさんの紅白での活躍を期待しておきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。