【紅白2019初出場】Official髭男dism(ヒゲダン)の読み方は?名前の由来は?

紅白歌合戦2019に初出場の「Official髭男dism」通称「ヒゲダン」

初めて「Official髭男dism」を見て

「なんて読むの?」

と思った方も多いと思います。

そこでOfficial髭男dismの読み方や由来、そしてボーカルの藤原聡さんは2016年まで銀行として働いていた過去やなぜたった3年で紅白歌合戦の舞台を踏めるまで上り詰めたのうかシンデレラストーリーにも追っていきます!!

Official髭男dismはなんて読むの?

Official髭男dismプロフィール

  • バンド名:Official髭男dism
  • 読み方:オフィシャルヒゲダンディズム
  • 通称:ヒゲダン
  • バンド結成日:2012年6月7日(ボーカル島根大学時代、松江高専の卒業生と)
  • メンバー:藤原聡(ボーカル、キーボード、作詞作曲など)、小笹大輔(ギター、コーラス)楢﨑誠(ベース、サックス、コーラス)、松浦匡希(ドラムス、パーカッション、コーラス)

Official髭男dismは「オフィシャルヒゲダンディズム」と読みます。ファンの間では通称「ヒゲダン」とも呼ばれます。

ちなみにヒゲダンが結成されたのはボーカル藤原聡さんが島根大学在学時です。

Official髭男dismの由来

ちなみに名前「Official髭男dism」、名前を付けたのはなんとボーカルではなく、ベース担当の楢﨑誠さんです。

由来はと言うと「ある髭面のギタリストのポスター」を見てバンド名が頭に降ってきたそうw

音楽やってると、ひらめく癖でもつくんですかねw

元々ボーカルではなかった藤原聡

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

工学院大学着! 楽屋になんと嬉しい歓迎😭 ありがとうございます!

Satoshi Fujihara(@satoshi_higedan)がシェアした投稿 –

まずは藤原さんの経歴を振り返ってみましょう!

  • 名前:藤原聡(さとっちゃん)
  • 生年月日:1991年8月19日
  • 出身:鳥取県
  • 幼少期:ピアノを習う
  • 小学5年生時:ドラムを習う
  • 中学時:吹奏楽部でパーカッションを担当
  • 鳥取県米子東高校時:コピーバンドの『EVER GREEN』結成でドラム担当
  • 島根大学時代:ヒゲダン結成。ボーカルに転向
  • 大学卒業後(2014~2016):島根銀行に就職、営業マン

経歴を振り返ってみると、なんとボーカルを始めたのは大学時代のヒゲダン結成時!

あれだけうまいのに意外ですが、ボーカル転向時は周りからの反対もあったそうです。

結果的に大成功に終わりましたが、そのままドラム担当だったら・・こんなに有名にはなっていなかったかもしれません。

インディーズ初!月9に抜擢!

フジテレビ系月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』の主題歌に抜擢されることになった「ヒゲダン」

抜擢された経緯はというと

番組のプロヂューサーがすでにデビューしている歌手がなかなかドラマのイメージに合わず苦戦する中、CDショップや動画をあさっていたところ「これだ!」とヒゲダンに到達、即オファーしたそうです。

まだインディーズバンドだったヒゲダンに「月9の主題歌の依頼が来る」とはシンデレラストーリー以外の何物でもありませんね!

そして月9『コンフィデンスマンJP』が公開、主題歌「ノーダウト」が認知されると時を同じくして、2018年4月11日にヒゲダンはメジャーデビューを果たします。

ちなみに「ノーダウト」の制作ドキュメントも公開されており、かなりの苦労があったようです。

なんと「ノーダウト」は3週間で出来た曲だそうです。

もちろん「ノーダウト」は大ヒット!次の活動へとつながります。

映画主題歌「Pretender」は再生数1億回を突破!

その後も数々の楽曲がヒットする中、映画版『コンフィデンスマンJP~ロマンス編~』でも主題歌を担当。

「Pretender」を発表します。

なんと2019年11月27日にはyoutube再生数1億回を突破!!すさまじい勢いですね!

ボーカル藤原聡さんは結婚を発表!

2019年11月22日「いい夫婦」の日に結婚を発表したボーカルの藤原聡さん。

お相手は一般女性の方だそうです。

公私ともに充実の藤原さん。結婚したことでまた新たな歌詞の楽曲が生まれそうですね!

まとめ

紅白に出場するなどますます勢いに乗るヒゲダン。

今後の活躍も目を離せないですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です