【金スマ】東大王の育て方とは?教育方針など番組内容まとめ!【水上颯、鶴崎修功、鈴木光、林輝幸が出演】

3月13日に中居正広さんが司会を務める「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」に東大王のチームから水上颯さん、鶴崎修功さん、鈴木光さん、林輝幸さんが出演しました!

そこで「どう育てたら東大王のように頭が良くなりますか?」との質問から明かされた東大王メンバーの育て方や教育方針

子育て世代は必見の「お金がかからず頭が良くなる方法」など内容をまとめてみました!

【金スマ】東大王の育て方とは?

まず「頭がいいのは生まれつき」と思っている方が多いと思いますが、

「知能は後天的な要素が大きい」とIQ開発者で心理学者のアルフレッドビネーが語っているそうです。

様々な説があるとは思いますが、今からでも遅くない!ということですね!

水上颯

プロフィール
  • 名前:水上 颯(みずかみ そう)
  • 生年月日:1995年8月19日
  • 学部:東京大学医学部(偏差値76)
  • 出身高校:開成高校
  • 出身中学:山梨大学教育学部附属中学校

東大医学部のプリンスとも呼ばれ甘いルックスから人気の水上颯さん。両親が開業医で祖父も医師だったそうで、また第32回の全国高等学校クイズ選手権など数々のコンテストで優勝を果たしています。

水上さんは勉強しろとは言われたことはなく、小さい頃は勉強をせず虫取りやボール遊びなどかわいらしいことをやって過ごしていたそうです。実際、小さいころは勉強せず、九九は他の方より覚えるのが遅かったとか。

そんな水上家の唯一のルールが「好きなことをやりなさい」ということ。

「お外で遊んでいい?」「ボールで遊んでいい?」など興味を持ったものはやらせてくれる雰囲気がある家庭だったそうです!

また「カブトムシがほしい」と言ったらショップに買いに行くわけではなく、実際にカブトムシを取りに行くなど経験を大事にしていたそうですよ!

そんな水上家にあったおもちゃが「ケネックス」と呼ばれる知育玩具。思考力や記憶力を高めるのに効果的だといわれています。

 

両親が言うには興味を抱いてほしいものは身の回りに意図的においており、その一つが「ケネックス」で水上さんも大好きだったそうです。そして興味を持ったものにはさらに発展的なものを与えるという形をとっていたそうですよ!

また水上さんは小学生から中学生まで1日2冊、図書室で本を借りて読んでいたそうで、その結果、興味のあるなしに関係なく手あたり次第本を読んでいたそうです。その結果図書室の本はほとんど読み終えたそうなのですが、ここで先ほどのルール。

本が好きだと知った親御さんはブックオフなどで本をたくさん買って手に届くところに置くことで、普段からたくさんの本にふれるようになったんですね!

鈴木光

プロフィール
  • 名前:鈴木 光(すずき ひかる)
  • 生年月日:1998年9月18日
  • 学部:東京大学法学部
  • 出身高校:筑波大学附属高等学校(偏差値76)
  • 出身中学:筑波大学附属中学校
  • 公式インスタ:鈴木光インスタ

鈴木光さんはまさに「才色兼備」という言葉がふさわしい女性ですね!高校生の時には英語で書いた論文がスタンフォード大学から表彰され、東大には推薦で入学されたそうです!

鈴木さんの家庭では「いつもやりたいと思ったことに付き合ってくれる家庭」だったそうで、「魚の解剖がしたい」というと実際に魚を買ってきて解剖し、一緒に図鑑に書かれていることを確認することも。

親御さんの方針は「親の意図を押し付けることはしないこと」で、子供が興味があると思ったことに対してサポートができるように準備したり提案できるようにしていたそうです!

また英語が得意な鈴木さんですが、小さいころに子守りの時にテレビで流されていたのは英語のDVD、そして読んでもらう絵本は英語の本だったそうです。また5,6歳の時はインターナショナルスクールに通い、会話全てが英語の場所に身を置いていたので小学校に行く頃は英語しか話せなかったとのこと。

その後、公立の小学校に入ると英語に触れる機会が減るのですが、毎年ホームステイ客を受け入れることで英語に触れる環境を作っていたそうです。

つまり親御さんの意図があって英語が得意になったんですね!

鶴崎修功

プロフィール
  • 名前:鶴崎 修功(つるさき ひさのり)
  • 生年月日:1995年4月19日
  • 学部:東京大学理学部数学科卒
  • 出身高校:鳥取県立鳥取西高等学校
  • 出身中学:鳥取大学附属中学校

鶴崎さんは東大王はもちろん、東大出身のクイズプレイヤー井沢拓司さんが代表を務める「QuizKnock」でライターとしても活躍しています。

そんな鶴崎さんの家族がよくやっていたのが「しりとり」だそう。進研ゼミで有名なベネッセも推奨しており、語彙力を伸ばすのにいいそうですね!

鶴崎さんの鳥取大学の教授でもある父親は小学生の時「る攻め」などを積極的に仕掛けており、その結果、鶴崎さんは負けないように広辞苑や電子辞書でるではじまる言葉を調べるなどして対策をしていたそうです!

また鶴崎さんの親は学ぶことに積極的で、とにかく新しいことを学んでいたそうです。そんな両親を見て育った竜崎さんも学ぶことに積極的になったそうですね!

林輝幸

プロフィール
  • 名前:林 輝幸(はやし てるゆき)
  • 生年月日:1997年7月2日
  • 学部:東京大学文学部
  • 出身高校:片山学園高等学校
  • 出身中学:片山学園中学校
  • 公式ツイッター:林輝幸ツイッター

林さんは富山県出身で小学生当時から神童と呼ばれていたそうです。またお姉さんも東京大学文学部に入学するなど兄弟そろって頭がいいそうですね!

親はいつも「勉強しなさい」と言ってくるタイプではなく、自分が興味のあるものにふれさせてくれたそうです。

また家ではリビングで勉強していたそうです。理由は部屋でやると監視の目がないため、気が散ったり寝てしまったりしてしまうから。人の目があるところに身を置くことが大事だそうです。

また年号暗記が得意な林さんですが、日々出る問題の傾向を分析しており絵画、世界遺産、漢字などをパワーポイントにまとめ、クイズ番組で解説できるようにしているそうです。

【金スマ】東大王の勉強法とは?

勉強法①、予習を重視する

4人に共通してるのが「予習を重視していた」こと。

鶴崎さんが言うには、予習というのは他の人より先に行けるため優越感が得られるが、復讐はあくまで人に追いつく作業なので達成感が薄いといっていました。優越感を覚えることで、「得意ななんだ」認識するのでより学びたくなるんですね!

また鈴木さんは宿題にほぼ時間をかけずすぐに終わらせ好きなことをやっていたととのこと。

つまり、予習することで授業の理解が早くなり、理解しているからこそ宿題も短い時間で済み、遊ぶ時間も増やすことができるというわけですね!

また水上さんの話ですが、小中学校時代は家で勉強したことがないらしく、授業中に教科書を全部読んでしまっていたそうです。その結果、授業中は知っている内容なので、ワークを解いたり宿題を解いたりしていたそう。宿題を家でやったことはないそうですw

勉強法②、ノートの取り方

鈴木さんと鶴崎さんは「先生の板書をレイアウトそのまま写すこと」だといっていました。

そうすることで、ノートに写すことに意識を割かれなくなり、先生の言葉がより理解できるそうです。

また誤字なども含めそのまま板書していることで、授業を感覚として覚え、世間話やギャグを言っていた場面を関連付けて覚えるそうです!

勉強法③、画像で覚える

これは水上さんの話なのですが、覚えづらいものは物語仕立てで覚えるといっていました。

例えば化学記号をキャラクターの一つにして覚えたり、歴史の出来事は頭の中のシアターで流していくといっていました。

東京大学の名誉教授の石浦先生も記憶術の典型的な一つと言っており、「画像で覚えると早く覚える」ということがあるそうです。

ただこれは小さい頃の習慣にもよるそうなので、意識して画像で覚える工夫をするのがよさそうです!

東大王の育て方と勉強方法まとめ

東大王の育て方
  1. 子供が「やりたい」といったことは頭ごなしに否定せず、やらせてあげる
  2. 興味を持ったことには親も一緒に取り組み、また発展的なものを与える
  3. 親も積極的に学んでいることを見せる
  4. しりとりで語彙力を高める
  5. 英語を学ばせたいときは、子守に見せる動画は英語のものにしたり、絵本も英語のものにする
  6. 海外の方のホームステイを受け入れることで、英語を使う環境を作る
東大王の勉強方法
  1. 勉強は予習を大事にする(予習は人よりも先に進める。復讐はあくまで人に追いつくだけ。授業の理解も進み、宿題もすぐ終わる。)
  2. 授業のノートはまとめたりせず、板書をそのまま写す(ノートに意識を割かないようにすることで先生の話がきける)
  3. 幼少期から画像で覚える習慣をつける。実践する

親のルールにあてはめがちな子育てですが、子供の興味を持ったものにとことん付き合い、協力できるようにしていきたいですね!