アライブ【10話】のネタバレ感想!薫の記念日、衝撃の結果とそれぞれの未来・・

3月12日に「アライブ がん専門医のカルテ」の第10話が放送されました!

9話では、 「高坂民代さんにとってのキャンサーギフト」や、「妊娠中のがん再発患者」などが盛り込まれていました。

一方、ラストシーンで、薫が「大切な記念日がある」ことをうちあけていましたが、その内容は明かされませんでした。 今回、「記念日」の意味が明らかになるのでしょうか? 衝撃の第10話です!

\アライブ全話見逃し配信中!/

それぞれの未来

ある日心(松下奈緒)は、阿久津(木下ほうか)から「国立がん医療センターから、君にお呼びがかかった」と知らされる。

そのことを相談するために、薫(木村佳乃)を食事に誘うと、薫は「私も誘おうと思ってた」と、喜んで了承してくれた。

その頃、心の息子の漣(桑名愛斗)は、「将来脚本家になりたい」という夢を持った。数日後には「小説家になる」と変わっていくのだが・・・。

莉子(小川紗良)は「同じような悩みを持つ人を応援したい」という気持ちで、ピアサポーターになるために、勉強を始めていた。

転院希望のすい臓がん患者

佐伯芳雄(相島一之)はすい臓がんで、横浜みなと総合病院に入院している。佐伯には会社経営をしている弟・隼人(丸山智己)がいた。

ある日隼人が、優秀な医者がいる有馬総合病院への転院を希望してきた。そこには知人の医者がいて、既に転院の了承を得ているという。

その行動は、今まで苦労してきた兄・芳雄を、どうしても助けたいという想いからだった。

研修医・結城の未来

そんなある日、有馬総合病院理事・結城美紀子(とよた真帆)が医局を訪ねて来た。

美紀子は佐伯に転院を断り、謝罪するために来たのだ。院内の医師が、勝手に転院を了承してしまったらしい。

それともう一つ、美紀子には目的があった。

息子である結城涼(清原翔)の職場を見ておきたかったのだ。研修医の結城は、実は日本有数の医療法人、有馬一族の一員だった。

結城は、研修期間を終えた後、有馬総合病院で働くべきかどうか、迷っていたのだ。

「行くべきかではなくて、行きたいかで考えたら?」

薫は結城に言った。

結城の兄はアメリカ留学中、父は地方の病院で勤務している。患者のことばかり考える父は、祖父・有馬とは合わなかった。それでも結城の理想は「父のような医者」だった。それに気づいた結城は、迷いを捨てた。

「有馬ではなく、横浜みなと総合病院で働く。お父さんのような医者になりたい。」

その決心を母・美紀子に言うと、母は微笑んで、「頑張って」と優しく息子の背中を押した。

佐伯にとっての幸せ

心と薫は、この病院でオペ・治療をすると佐伯に説明したのだが、弟の隼人は納得しない。すい臓がんは普通の病院では治せないと、隼人は思っていた。

「他を探してもらっても構いません。でもこちらはこちらで準備を進めます。」

心がそう言うと、

「申し訳ない・・・」佐伯は深々と頭を下げるのだった。

結局佐伯は、横浜みなと総合病院で治療することになった。その術前カンファレンスの日、薫は少し遅れて入室してきた。

カンファレンス後、心は「結城を佐伯のオペに参加させて欲しい」と、薫に頼んだ。

数日後、薫の執刀でオペが始まった。結果、がんのメイン部分の切除は出来たが、周辺部分の広がりが思った以上で、合併切除は出来なかった。取り残したがんは、化学治療と放射線治療になる。

心は気落ちする隼人に、「すい臓がんは決して治らない病気ではない」と諭す。

オペ後の佐伯は、相変わらず穏やかだった。隼人は、兄に申し訳ない気持ちでいっぱいだった。佐伯は隼人に言った。

「幸せかどうかなんて、自分が決めるんだ。」

隼人は「ごめんな」と、口にした。佐伯は、弟に謝って欲しいわけではなかった。

親の介護を文句も言わずやり続け、今はがんと闘っている自分を、褒めて欲しかったのだ。

隼人は言った。

「つえーな、兄ちゃん。」

佐伯は満足そうに笑っていた。

約束の日、薫の未来

約束の食事の日、心と薫は、高級店で豪華な食事をしていた。明るく食事を楽しみながら、心は薫に記念日の正体を尋ねた。

「実はね、今日で乳がんの手術を受けて5年になるんだ。」

「セカンド・バースデーだね、実はわかってた。」

その日、心は薫の記念日のために、プレゼントを用意していたのだ。お祝いのプレゼントを出そうとした、その時・・・

「でも、再発がわかった。」

「えっ?」心の表情が曇る。佐伯のカンファレンスに遅刻したあの日、薫は検査結果を知ったのだった。

薫は心の手を取って

「一緒に闘って欲しい」と言った。

「勿論。」心は何度も頷きながら、そう言った

『アライブ』10話の感想~がん手術から5年経って~

最終回を目前に、とうとうこの日が来てしまいました。再発=死ではないまでも、悲しいです。

早い回で、薫先生は「がんサバイバー」であるという事実が出てきました。若い乳がん患者・佐倉莉子が登場した回でしたね。

「莉子のお手本であるため」だけの設定とは、とても思えませんでした。だって、主演ですから・・・。

こういう斜め読みも、「考えすぎ」とか「大ハズレ」だと、それは気恥ずかしいものがありますが、私は薫先生が好きだったので(心先生には負けるけど)、やっぱり再発はして欲しくなかったです。

さて、来週はいよいよ最終回です。薫先生と心先生の未来は、いったいどうなっていくのでしょう・・・

\アライブ全話見逃し配信中!/