シロクロ【第5話】ネタバレ感想!ラストの門田先生が衝撃的・・。

2月9日に放送された「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」の第5話のネタバレ記事です!

前回は、直輝(横浜流星)がミスパンダを操る飼育員であることが記者の神代(要潤)にばれている場面で終わっていましたね!

シロクロ【第4話】ネタバレ感想!リコがレンを演じる理由確定!?

以下その続き、シロクロ第5話のネタバレと感想です!

シロクロ【第5話】ネタバレ

直輝と神代の取引・・

ミスパンダを操る飼育員であることが神代にばれていた直輝。

神代の要求は

「ミスパンダの正体は何者なのか?」

目的は日本中を揺るがすスクープを自分の手で見つけることだ。

そんな神代に対し、直輝はある提案をする。それは

「もっと大きなスクープがありますよ?コアラ男の正体です」

直輝は自分の父親がコアラ男の正体を追っている最中に殺されたことを明かす。

復讐のためなら、あずさと付き合うことなど手段は選ばないことも。

そして直輝が出した条件は

「コアラ男の正体を暴いたらミスパンダの正体も明かす」

神代もその条件をのんだ・・。

門田先生の目的

「森嶋直樹。彼がレンをミスパンダにしている張本人です・・」

門田先生は囲碁喫茶のマスターにすべてを話し始める。

門田先生の目的は「記憶の差し替えに関する論文の発表」

直輝がこれ以上レンに近づけばリコの記憶がよみがえってしまう。

レンを実験台にしていることを知ったマスターは門田先生に怒りの感情が。

しかし、リコがレンの記憶に置き換えられていたことは2人とも承知の事実でもあり同罪でもある。

もしこのまま論文が発表されれば・・・すべてが公に・・・。

あずさの気持ちは・・

レンと直輝がハグする写真がコアラ男からスマホに贈られてきたとこで送られてきたことで思い悩むあずさ。

「絶対に許せない・・・」

そんああずさに父親の佐島源蔵の運転手も務める兄の一郎が

「俺が何とかする・・!」

あずさに笑顔が戻ったが・・・。

ミスパンダの偽物が登場

今回起きた事件は7年前に起きた爆破事件の犯人であり、無実を主張して釈放されようとしていた浜口死刑囚が偽のミスパンダにさらわれてしまった事

偽ミスパンダは国民の投票で死刑を執行するつもりのようだ。

そんなグレーゾーンに白黒つけるためにミスパンダが登場!

しかしこれは偽のミスパンダ、そして警察の罠だったのか?

死刑囚の浜口は死んだ状態で見つかり、凶器のナイフを持たされた状態で撮影されたミスパンダは殺人の容疑で全国に指名手配されてしまった・・。

警察はハブとマングースと呼ばれる署のエースまで投入してきたが、直輝とミスパンダの運命は・・?

ラスト、門田先生に何が・・!?

門田先生はある人と電話をしているようだ・・。

次の日、大学の講義の時間だが門田先生が現れない・・。

直輝の周りのゼミ仲間たちも生徒も珍しいと騒いでる。

 

自宅の門田先生は・・・なんと殺されてしまっていた・・・!!

かすかに笑みを浮かべる直輝。そして手を入念に洗う囲碁喫茶のマスター。

 

以上第5話のネタバレでした。

シロクロ【第5話】ネタバレ感想。ラストの門田先生が衝撃的・・

直輝とミスパンダが警察の手から逃げる緊迫のシーンは、本当につかまってしまいそうでハラハラ見ることができました。

またやはり最後の門田先生のシーンはネット上でも盛り上がったようで

ドラマを見ている感じだと直輝、もしくは囲碁喫茶のマスター加賀先生が殺したような描写が出てきたのですが、それだと普通すぎますかね?

門田先生は殺される前に電話で「ああ、待ってるよ」と自宅に来るようなやり取りをしていたので、その雰囲気から普段から自宅に来るような存在である印象を受けました。

とすると、意外にリコである可能性。また裏でつながっていそうなコアラ男の可能性もありますね。

何にせよ、次回門田先生が死んだ後の展開がどうなるのか楽しみです!