大沢たかおが太ったと話題に!?理由は役作り?【しゃべくりセブン】【火曜サプライズ】

1月31日公開映画「AI崩壊」の宣伝のために、大沢たかおさん、岩田剛典さん、賀来賢人さんなどキャストの方々が様々な番組に出演しています。

そんな中、俳優の大沢たかおさんが太った?スーツがパツパツ?とネット上で話題に。

一体太った原因、理由とは何なのでしょうか?

大沢たかおが太ったと話題に!?

まずはネット上の反応を拾ってみます。

大沢たかおさんといえば、やはり綾瀬はるかさんと共演したドラマ「仁」のイメージが強いのでしょうか?その時は太っているという印象は全くなく、その当時と比べかなり太った、ガタイが良くなった姿に驚く方が結構いるようです。

実際視聴していた私も、かなりスーツがパツパツで太っているというよりとにかくガタイがいいという印象でしたね。(しゃべくり)

また一部のユーザーは太った原因を知っている方もちらほら見かけました。

大沢たかお太った理由はキングダムでの役作り?

映画キングダムで「王騎」を演じる

2019年の4月に公開された映画「キングダム」

原泰久作品の大人気漫画「キングダム」が原作となっていることは言うまでもありません。

この時、大沢たかおさんは「王騎」と呼ばれる役を演じたのですが、「王騎」はいわゆる何万もの兵を操る大将軍で、めちゃくちゃガタイが良く、体も大きいのが特徴です。つまり王騎を演じるにはそれなりのガタイと、見ただけでわかる威圧感や説得力というものが必要になってきます。

そこで大沢たかおさんは肉体改造に着手し、なんと役作りのために15kgも太ったそうです。

共演者も大きくなっていく大沢たかおさんには驚かされたようですが、もちろん映画の視聴者も「王騎」を演じる大沢たかおさんがばっちり役にはまっていたということで絶賛されたようです。

映画「キングダム」無料で動画を視聴できるVOD!U-NEXTやamazonなど検索

AI崩壊の撮影とかぶっている!?

今回、映画「AI崩壊」の宣伝ということですが、実はAI崩壊のクランクイン(撮影開始)が2018年12月22日

そして映画キングダムがクランクアップ(撮影終了)したのが2018年6月13日

つまり撮影機関自体はかぶっていないのですが、間は6カ月しかありません。さすがに15kgも増やした体重を6か月で落とすのは不可能。なのでまだ体が大きいまま「AI崩壊」の撮影に入ったことが考えられそうです。

その後2019年の2月にはクランクアップしたそうなのですが、やはりつけた筋肉を落とすのは難しかったのでしょうね。

キングダムを見ていない方には大沢たかおさんが大きく見えた事でしょう。

 

まとめ

今回大沢たかおさんが太った理由についてまとめてみました!

AI崩壊の映画もおもしろそうなのでこの機会にチェックしてみてください!

 

AI崩壊

公開日:2020年1月31日に全国公開

監督:入江悠

キャスト:大沢たかお、岩田剛典、賀来賢人、松嶋菜々子、広瀬アリス、三浦友和、玉城ティナ・・

主題歌:AI「僕らを待つ場所」

あらすじ:2030年の日本を舞台に、暴走を始めたAiを阻止するために奔走する桐生浩介(大沢たかお)を中心とした天才学者たちの物語