小倉優子の歯科医の夫は「島弘光」顔画像は?別居・離婚の理由とは?ラジオでの発言が気になる!

3月11日にママタレとして人気の小倉優子さん(ゆうこりん)に別居報道が出てしまいました。

2018年の12月25日のクリスマスに再婚したばかりの小倉優子さんでしたが、まさかのスピード離婚の危機。

世間もかなりのざわつきを見せていますが、歯科医の夫「島弘光」さんや、離婚理由を探ってみました。

歯科医の夫は「島弘光」シマデンタルクリニック医院長

顔画像はコチラ

プロフィール
  • 名前:島弘光(しまみつひろ)
  • 生年月日:不明・46歳
  • 出身:埼玉県
  • 出身大学:日本大学歯学部
  • 職場:シマデンタルクリニック

顔画像はコチラ

小倉優子さんの夫とされているのが島弘光さん。シマデンタルクリニックで院長をつとめています。

なんと日本大学の歯学部を首席で卒業されたエリートだそうです。

シマデンタルクリニック

住所:〒173-0021 東京都板橋区弥生町26-5 ダイゴビル

診療科目:歯科・矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科

2人が出会ったのは共通の知人が開いた飲み会で、ママ友の紹介と言われています。

これが2018年の6月あたりなので、出会ってから約6か月でのスピード結婚であることがわかります。

もちろん祝福の声は多かったものの、一部では小倉優子さんが子供の受験の時期に合わせてのスピード結婚を進めたともささやかれていました・・。

しかし、結婚後、小倉優子さんはママタレとしての人気を確立し、第3子の妊娠を報告、誰もが結婚生活は順調に進んでいると思っていました。

ちなみに島弘光は結婚歴はなく、クリニックの評判もいいそうです。

小倉優子の歯科医の夫は「島弘光」との別居・離婚の理由とは?

前夫との離婚理由は?

前夫の「菊地勲さん」は南青山で美容室ingを経営しています。

小倉優子さんとは2011年に結婚したのですが、2016年に前夫「菊地勲さん」の浮気が発覚。

しかも浮気相手が事務所の後輩である馬越幸子でもあったことから小倉優子さんは激怒。2017年に離婚に至ったということです。(馬越幸子さんはゴッドタンなどに出演。現在の活動は不明。事務所は退所)

この時は、そもそも菊地勲さんがキャバクラ通いをやめられないなども離婚理由の一つともされていました。

また菊地勲さんは前の奥さんとも浮気が原因で離婚されており、女癖も悪く、かなりのモテ男であったことも報じられているようです。

ただ一方で、小倉優子さんが「重い」ことも原因の一つとされていました。

有名な話だと結婚当初「毎日寝る前に自分の好きなところを10個言わせる」というルールをかしていたそうです。

これについてはゆうこりんも明石家さんまさんに重いと指摘されており、自身も納得していました・・。

歯科医の夫は「島弘光」との別居・離婚の理由

今回の報道によると、離婚理由で一番考えられるのが

「専業主婦になってほしいと願う夫とゆうこりんの考え方の違い」

でしょうか。

ママタレとして大活躍となった小倉優子さんですが、夫としては専業主婦になってくれることを願っていたため、仕事に忙しい小倉優子さんに対して何らかのストレスを感じていたことが予想されます。

また今でも美しい小倉優子さんですが、美容に時間をかけていたことも予想できますよね・・。

専業主婦を願う夫なら、そういった細かいことが日々気になっていたのでしょう。

追加分:やはり芸能活動を続けたいゆうこりんと専業主婦になり家庭を支えてほしい夫の間で喧嘩が絶えなかったそうですね・・

また一方で小倉優子さんはそもそも2回離婚する時点で何かしら原因があることは考えられますよね?(以下でラジオの発言を解説)

何にせよ、妊娠中に離婚を切り出し、44歳まで1度も結婚していない旦那さんなので、旦那さんに何も原因がないとは思えませんが・・

夫婦って難しいですね・・。

小倉優子の離婚にネット上の反応は?ラジオでの発言とは?

ネット上の反応を見てみると・・・

色々気になったのですが、最後のツイート「気温が30度になってもエアコンはつけない!」との話。

美容のためなのかよくわからないですが、感じられることは家庭内に様々な知らないルールがあったのでは?ということですね。

だとすると、専業主婦の件もあって様々なストレスを抱えていた夫が急に出ていったことと合致が行きそうな気がします・・。

追加分:小倉さんと仲のいいギャル曽根さんが待ち合わせに遅れ、一日中無視されたというエピソードが。やはり小倉さんの中で何かしらルールがあることが予想できます・・。

まとめ

今回小倉優子さんに別居の報道が出ましたが、まだまだ週刊誌の報道にすぎません。

今後本人の口からどういった説明があるのか注目していきたいですね!