「Rain Drops」のグループ名の意味・由来は?メンバーと楽曲も【にじさんじ】

12月8日(日曜日)にじさんじの公式ツイッターより新ユニット「Rain Drops」含め、御伽原江良、森中花咲は「petit fleurs」として、樋口楓、月ノ美兎がソロメジャーデビューすることが発表されました。デビューは来年春を予定しているそうです。

新ユニット「Rain Drops」のメンバーについては「2020年1月23日ににじさんじ公式YouTubeチャンネルに行われる特別番組にて発表予定」となっています。

「petit fleurs」(御伽原江良、森中花咲) NBCユニバーサル・エンターテイメント
樋口楓 Lantis
月ノ美兎 ソニー・ミュージックレーベルズ SACRA MUSIC

新ユニット「Rain Drops」のグループ名の意味・由来は!?

「Rain Drops」のグループ名にファンも反応しています。

Rain Dropsを訳すとRain=雨 Drops=しずく、雫を指します。Rain Drops=雨滴です。飴は「candy(キャンディー)」ですねw

由来は難しいですが、メンバー選考で決まっている可能性は高い気がします。

メンバーは最低でも3名入るはずなので、森小夜、出雲、赤羽子、月見しずく山舞錫、加瀬冬雪・・・あたり?

葉はちょっと強引な気がしますが、雫が滴るということで予想。

今後の進展を待ちましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。