知らなくていいコト【第2話】ネタバレと感想!尾高(柄本)がかっこいいと話題に。

1月15日に知らなくていいコトの第2話が放送されました。

前回は主人公のケイトの父親が「殺人犯の乃十阿徹」である可能性が判明。そしてそれを知った彼氏の野中は、一度は結婚を申し込んだものの1話の最後に婚約を撤回。別れることに。

また元彼のカメラマン尾高はカイトの父親について何かを知っていそうな雰囲気ですが・・。

以下第2話のネタバレと感想となっています。(内容を知りたくない方はHuluの見逃し配信をチェックしてください)

知らなくていいコト【第2話】ネタバレ

あらすじ(ネタバレあり)

婚約を破棄され落ち込んでいるケイト。

しかし次の日、出勤途中の野中をカフェに誘う。せめて別れることだけは考えなおしてもらおうとフランクな感じで

「遺伝子的にまだ乃十阿が父親と決まったわけじゃない」

と野中を説得するも表情は変わらず。

「1度言ったことは言ったことなんで・・すいません」

と先に出て行ってしまった。

野中は編集長の岩谷(佐々木蔵之介)にケイトと別れたことを告げ、自分を他の部署に移すように相談する。しかし岩谷はそれを断った・・。

夜の職場、ケイトはばったり野中に出会う。ケイトは仲直りしようと話しかけるも野中のケイトを見る目は険しかった・・。そんな目線に耐えられなくなったケイトは

「それって差別じゃない・・!?」

と職場を出ていった・・。

そんな時、ケイトは元彼の尾高とたまたま出会う。ケイトは尾高に乃十阿徹について知っていることを尋ねると尾高は答えてくれた。

「3年前、乃十阿徹が出所する時の写真を撮り、週刊誌に掲載された日、ケイトの母親に呼ばれた。そこで乃十阿徹がケイトの父親であることを告げられた。そしてケイトのことをよろしくと・・・。」

場面はかわり、ケイトは編集長の岩谷に飲みに誘われ、野中と別れた事、そして異動について相談している。ケイトは「何も気にしていない」様子だった。岩谷は「尾高のほうがお似合いだったのにな」と告げた・・。

その帰り道、尾高の家に立ち寄る。

そこでケイトは尾高がプロポーズしてくれた時のことを思い出す。フったのはケイトだった・・。

尾高はフラれたときのことを決して忘れていなかった。尾高はケイトの父親が乃十阿徹であることを知りながらプロポーズしてくれていたのだ。ケイトはそのことに気づき、涙を流した・・・。

以上第2話のネタバレでした。

(上のあらすじとは別に「遺伝子の相性でカップリングする婚活パーティ」の取材が同時並行で行われますが、そちらは省きました)

知らなくといいコトの感想。ネット上では尾高がかっこいいと話題に

今回のポイントは何といってもケイトの父親が殺人犯と分かった時の野中の対応と尾高の対応の違いですね。

話の途中では、尾高はケイトの父親が殺人犯の乃十阿徹と知ったためにフったと思っていたのですが、実はプロポーズしていたことがわかると衝撃でした。

尾高かっこよすぎるでしょう・・・。また尾高を振ったケイトの気持ちを考えると切なかったですね・・。

ネット上でも尾高の対応や、野中のひどさに言及する声が続出。

胸キュンしたい女性はぜひ見るべき第2話でしたね!今後の展開も楽しみにしておきましょう!